2020年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)のお知らせ

最終更新: 9月15日

当社は、2020年2月12日、2020年3月期 第3四半期決算発表を行いました。

決算に関するご説明は以下の通りです。


当社グループは、首都圏及び関西を中心に新規に施設警備を受注、またハイウェイ・セキュリティーも対応エリアを拡大するなど、着実に長期契約案件を獲得しております。また、9月から11月にかけて開催された国際競技大会の臨時警備を実施いたしました。当該臨時警備の受注量は、新規の長期契約案件の受注に注力したこともあり、当初予定していた計画値には及ばなかったものの、来期開催予定である国際競技大会の警備体制の構築・実施に向け、大きな足掛かりとなりました。こうした各種警備実施の結果、売上高は順調に推移

しております。

損益面においては、低利益率案件の適正料金への改定、一部低利益率案件からの撤退にも取り組み、収益性は改善傾向にあります。一方で、販売費及び一般管理費において、2019年3月の新規上場に伴う増資により、前期末において一括計上していた法人事業税における外形標準課税部分が、当期は期初より計上されている影響により営業利益は前年同期比減となっております。なお、当該外形標準課税は、当第3四半期連結累計期間において35,162千

円計上しており、実質的には前年同期比で増益となっております。


詳しくは決算短信をご覧ください。

2020年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)


本件に関するお問い合わせ

共栄セキュリティーサービス株式会社

経営企画部

お問い合わせフォーム

最新記事

すべて表示

2021年3月期第1四半期 決算短信

当社は、8月14日、2021年3月期第1四半期 決算発表を行いました。 (新型コロナウイルス感染拡大による事業への影響に関する現状認識) 施設警備は、オフィス系を中心に概ね従来通りの警備体制を維持しました。一方で、4月7日の緊急事態宣言発出以降、商業施設の営業自粛に伴う警備体制縮小や臨時警備の受注減少がありました。しかしながら、5月25日の緊急事態宣言全面解除以降、商業施設及び臨時警備の受注は回復

2021年3月期通期連結業績予想

当社は、6月8日、2021年3月期通期連結業績予想を発表しました。 詳しくはプレスリリースをご覧ください。 2021年3月期通期連結業績予想に関するお知らせ 本件に関するお問い合わせ先 共栄セキュリティーサービス株式会社 経営企画室 IR担当 お問い合わせはこちら

剰余金の配当に関するお知らせ

当社は、5月14日、剰余金の配当に関するお知らせを発表しました。 当期の期末配当金につきましては、2020年3月期の連結業績において増収増益となりましたが、昨今の新型コロナウィルス感染症の国内感染拡大等の経営環境及び今後の事業展開などを総合的に勘案し、昨年実績1株当たり75円(普通配当金50円、記念配当25円)と同水準を維持するに留め、1株当たり75円の普通配当を実施させていただくことといたしまし