セコム株式会社との業務提携及び資本提携に関するお知らせ

最終更新: 9月15日

当社は、5月14日、セコム株式会社との業務提携及び資本提携を発表しました。

当社は、ビルなどに常駐し警備を行う施設警備を主力として、雑踏・交通誘導警備やボディーガードなど顧客の「ラストワンマイル」に寄り添った人的警備を展開しています。これからも、防犯・防災意識の高まりから増加している「安全・安心」のニーズに、誠実かつ確実にお応えしていくことで、人的警備事業の成長・規模拡大を図り、企業価値向上を目指していきます。 このたび、当社とセコム社は、両社事業の発展のため更なるシナジーを発揮することを目的として、お互いの強みやノウハウを活かした業務提携を行うこととしました。当社とセコム社は、これまでもセコム社の警備業務の一部を当社が受託するなどの協力関係があり、お互いのビジネスの理解と尊重に基づいた信頼関係を築いています。 当社は、今回の本業務・資本提携を機に、より一層の警備業務品質の向上・効率化に取り組み、人的警備分野での更なる地位の向上を目指し、社会の「安全・安心」のために貢献してまいる所存です。 なお、本業務・資本提携は、両社がそれぞれ協業する他のパートナーとの関係に何ら影響を与えるものではありません。


詳しくはプレスリリースをご覧ください。

本件に関するお問い合わせ先

共栄セキュリティーサービス株式会社

経営企画室 IR担当

お問い合わせはこちら

最新記事

すべて表示

正しく恐れて前進「#コロナに負けるな」、医療と警備が手を組み「より良い社会の再建」に尽力 ~警備業界初、コロナ対策第三者認定~

共栄セキュリティーサービス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:我妻文男、東証JASDAQ・証券コード:7058、以下「当社」)は、病院経営・運営の総合支援事業を担う株式会社キャピタルメディカ(本社:東京都港区、代表取締役:古川淳、以下「キャピタルメディカ社」)と『顧客、社会、従業員に対する「安全・安心」の提供』という共通ポリシーのもと、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対

自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせ

当社は、本日開催の取締役会において、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条の規定に基づき、自己株式取得に係る事項について決議いたしました。 詳しくはプレスリリースをご覧ください。 自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせ 本件に関するお問い合わせ 共栄セキュリティーサービス株式会社 経営企画室 お問い合わせフォーム